腎臓内科Over View


1. 2019年4月より、市川医師、若山医師がスタッフとなります。
2. 2018年の診療実績を更新しました。

 江東病院の腎臓内科は、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本アフェレシス学会の認定施設となっており、6名の常勤医及び(時期により)数名の非常勤医により毎日診療を行っています。
 順天堂大学腎高血圧内科と密接な連携の下に、慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、高血圧、膠原病に伴う腎臓病、保存期から透析中の慢性腎不全など、専門性の高い腎臓病に対して、大学病院に匹敵する質の高い診療を心がけています。
 また、慢性腎臓病は末期腎不全や心血管疾患の大きな危険因子であることから、対策の重要性が認識されてきています。そのため、当科でも尿異常より指摘された患者さまへの腎生検などを適切に施行しています。その他、急性・慢性糸球体腎炎、急性腎不全、保存期慢性腎不全および血液透析導入、全身性疾患に伴う腎病変などの入院を扱っています。
 研究分野に於いても学会発表だけでなく、多数の研究論文を国内外の医学雑誌に発表し、高い評価を得ております。他の病院で診断・治療を受けられている患者さまで、「専門医のセカンドオピニオンを希望される方」には丁寧に説明させて頂きますので、何なりと遠慮なくご相談下さい。

腎臓内科 診療スタッフ

 名誉理事長 小出 輝 こいで ひかる
出 身 校  東京大学 
専門分野  腎臓病、高血圧、透析治療
資  格  順天堂大学腎臓内科名誉教授
 日本内科学会認定内科医
コメント  腎臓が悪いと言われた方、腎臓に不安がある方、あるいは高血圧と言われ薬を服用しているのに、血圧が下がらない方は、ご相談下さい。

 院 長 海老原 功 えびはら いさお
出 身 校  順天堂大学 
専門分野  腎臓病、高血圧、糖尿病
資  格  順天堂大学腎臓内科客員教授
 日本内科学会認定内科医
 日本腎臓学会認定専門医・指導医
 日本透析医学会専門医・指導医
コメント  慢性腎臓病は「血液透析、心・血管疾患」に結びつく大きな危険があります。腎機能・尿異常・血圧・糖尿病でお困りの方は受診して下さい。

 血液浄化センター長 田中 裕一 たなか ゆういち
出 身 校  順天堂大学 
専門分野  腎臓病、高血圧、血液浄化療法
資  格  日本内科学会認定内科医
 日本腎臓学会認定専門医
 日本透析医学会専門医・指導医
コメント  腎臓病(腎炎〜末期腎不全)の患者さんが安心して医療を受けられるよう、日々努力します。

 血液浄化センター副センター長 井下 博之 いのした ひろゆき
出 身 校  順天堂大学
専門分野  慢性腎臓病、透析療法
資  格  日本内科学会認定内科医・専門医
 日本腎臓学会認定専門医
 日本透析医学会専門医
コメント  腎臓病について、お気軽にご相談下さい。またわかり易く、丁寧な診療を心がけて行きます。 

 腎臓内科医師 齊藤 翠  さいとう みどり  
出 身 校  順天堂大学
専門分野  腎臓内科一般
資  格  日本内科学会認定内科医
コメント  地域の皆さまのお役に立てるよう頑張ります。

 腎臓内科医師 市川 沙紀 いちかわ さき  (2019/4入職)
出 身 校  順天堂大学
専門分野  腎臓内科一般
資  格  日本内科学会認定内科医
コメント  丁寧な診療を心がけ努力致します。

 腎臓内科医師 若山 愛子 わかやま あいこ  (2019/4入職)
出 身 校
専門分野
資  格
コメント

腎臓内科及び血液浄化センターの特徴

・当院は日本透析医学会、日本アフェレシス学会及び日本腎臓学会の認定施設となっており、
 各種の研究会に積極的に参加し、日々研鑽を重ねています。
・当院の教育関連施設として東京綾瀬腎クリニック(東京都葛飾区)があります。
・当院は東京都災害時透析医療ネットワーク加盟施設で、東部ブロックのブロック長施設です。
 そのため、江東区、江戸川区、墨田区の各透析施設と密接に連携しています。
・順天堂大学腎臓内科より非常勤医の派遣を受け、連携して治療を行っています。
・定期的に血管外科専門医に来院して頂き、複雑なシャント関連手術も実施しています。
・透析ベッド31床に対し、臨床工学士5名、看護師7名の医療体制を保持しています。
・総合病院の特性を生かし、手術の必要な患者様は各科の専門医と協力して治療を行っています。

診療内容

治療内容
 高血圧、慢性腎臓病、慢性糸球体腎炎、急性腎不全、血液浄化(血液透析、血液ろ過透析、ECUM、CAPD、血漿交換療法、血漿吸着療法、血液吸着療法、腹水濃縮再注入療法など)
手術療法
 ・内シャント作成術、内シャント再建術、動脈表在化手術、人工血管移植術、その他
 ・経皮的血管拡張術(PTA)、経皮的血栓除去術
 ・CAPDカテーテル挿入術、腹腔静脈シャント挿入術、その他
検査
 ・シャント超音波検査、頚動脈超音波、シャント造影

血液浄化センターのご紹介

 当センターの基礎となる「血液浄化室」は、平成6年(1994年)10月に、透析ベッド4床で江東区内で当時唯一の入院透析施設として開設されました。
 開設に当たり掲げた目標は、「透析導入から合併症治療、透析以外の血液浄化療法、終末期の透析まで、腎不全に関する医療は江東病院ですべて完結でき、患者さんと地域の医療施設のニーズに応えること」としました。また、日本腎臓学会認定施設、日本透析医学会認定施設、日本アフェレシス学会認定施設、東京都区部災害時透析医療ネットワーク東部ブロック長施設として、城東地区における透析医療の中核施設と認められるようになりました。
 平成22年10月、血液浄化室は「血液浄化センター」として、感染症患者用個室透析室1床を含む、31床に増床されました。総合病院の血液浄化施設として、今後ますます充実した透析医療を提供できるよう、スタッフ一丸となって努力致します。どうぞ宜しくお願いします。

診療実績

治療方法 2017年 2018年
 血液透析総数 12,088 13,971
 入院透析患者数 337 409
 外来透析患者数 75 83
 新規導入患者数 41 53
 その他の血液浄化総数 31(6例) 130(15例)
 腹水濃縮再還流(CART) 85 59
 シャント手術 63 74
 PTA 67 111
 腎生検  2  6