はじめに

 江東病院では、呼吸器内科及び睡眠時無呼吸センターの専門医チームによる「睡眠時無呼吸症候群」の診療を行っております。
・日中に眠くなる
・睡眠時間はしっかり取っているのに、あまり眠った気がしない
・いびきをかく!
・寝ても疲れが取れない
 
などの症状が出ている方、一度詳しく検査をしてみませんか?
 この病気は働き盛りの方にもよく見られます。高血圧・糖尿病等の生活習慣病に起因していることがあるからです。若いからといって安心はできません。また運転をされる方は、「日中の眠気や集中力低下による事故」の原因となることもあります。
 上記症状に心当たりがある場合は、当院呼吸器内科又は耳鼻咽喉科に受診の上、早めの検査をお勧めします。

 症状と合併症について

 「睡眠時無呼吸症候群」とは、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
無呼吸自体で即、窒息死を起こすことはありません。それよりもむしろ、睡眠不足に起因する高血圧症や心疾患などの生活習慣病になったり、昼間の眠気により、労働災害や交通事故を起こしたりすることが問題視されている病気です。睡眠時無呼吸症候群の方は、健康な方と比較して…生活習慣病にご注意を!
----------------------------
・高血圧を発症する可能性は2倍
・狭心症・心筋梗塞は3倍
・脳血管障害は4倍
・糖尿病は1.5倍

----------------------------
 という報告があり、高脂血症・高尿酸血症の合併も多いことが判明しています。

 米国のデータでは、“睡眠1時間あたり20回以上無呼吸が記録された患者さん”は無治療のまま放置すると、9年後には40%の方が心臓病・脳血管障害・交通事故などで亡くなっていたという衝撃的な報告もあります。

 お問い合わせ up

 まずはお気軽にSASセンターまで、お電話にてご相談下さい。担当医師は、下記の通りです。
 呼吸器内科 田村医師
 ・月曜()、木曜()、土曜(
 睡眠時無呼吸センター 関医師
 ・通常外来は月〜土()、導入外来は、月・木()です。
 ・水曜は解析日(休診)となります。
icon 上へ